2012年9月30日日曜日

教会員の声・・偽善と偽悪

近所の人にもらった花

良いことをしている振りも悪いけどね、悪いことをしている振りも悪い。
本当の自分を隠して、良い仮面か悪い仮面をつけているのだから、欺くという意味で同じ。

知ってる振りも、知らない振りも同じかな。「ソクラテスの無知の知」を真似ているのか、

講壇の花ではなく緑・・・ですね


9/30(日)の講壇にはライムポトスです。


3時頃ですが、日差しが会堂の奥まで入ってくるようになりました。太陽高度が低くなったんですねぇ。こうなると本当に秋です。


                          




2012年9月27日木曜日

3番咲きです!

小春日和の今日、またまた咲いていました。


上手く写せないので白っぽく見えますね。

暑い夏を耐え、毛虫に葉っぱを食べられながらも
涼しくなった途端、きれいに咲きました。

牧師のひとり言 NO17

初老牧師:友川栄

「継続は力なり」 

  キリスト教の教会は神を崇める礼拝を毎週日曜日休むことなく続けています。聖書を通して神の言葉を聴くために、今後も続けていくことでしょう。集う人数は余り関係ありませんよ。(が、本音は

2012年9月22日土曜日

教会の片隅・・・朝顔に


朝顔に 自転車取られて 歩いてこ」

「朝顔に つるべ取られて もらい水」 加賀千代女

「朝顔に つるべ取られて どうつるべ」・・・は、一時我が家ではやった本歌取り?


2012年9月19日水曜日

牧師のひとり言 NO16


                         初老牧師:友川栄

「それ行け!リリーフピッチャー」

 ヨハネによる福音書の10章以下のところは、牧師が新しい教会に赴任しで就任式にて、よく読まれ解き明かされる聖書の箇所です。着任する全ての牧師が襟を正される聖書の一つでしょう。牧師は神の召しと信じて招かれた教会に赴く。大袈裟かもしれませんが、

2012年9月17日月曜日

2012年9月15日土曜日

教会員の声・・・映画「エクレールお菓子放浪記」

この映画があなたの街に行ったらぜひ見てくださいね。
全国の、映画館のない町で上映されることを願って石巻が中心となって撮られた映画です。
その後、あの震災。
舞台になった映画館も壊れました。なかなか上映計画も進みませんでした。

2012年9月11日火曜日

牧師のひとり言 No15


                               初老牧師:友川栄

「あの素晴らしい愛を・・・」

「光の子らしく歩みなさい」(エペソ5:8)の聖書のみ言葉は、かつて十数回ほど朝の礼拝で奉仕をさせていただいた梅光学院の標語でした。中学校、高等学校が教会から徒歩で数分でしたから、生徒たちの歌う讃美歌が聞こえる・・・。その賛美にどんなに慰められたか知れません。関門海峡を往来する船の汽笛の音(ぼ~!私の頭も時折「ぼ~!」としますが?いつも「ぼ~!」では?などと言われると

2012年9月10日月曜日

講壇の花・・9/9(日)

まだまだ続く夏日です。講壇も花ではなく観葉植物が続きます。
シンゴニューム

ヨハネによる福音書8章37節

「わたしの言葉が、あなたがたのうちに根をおろしていないからである。」 口語訳

キリストの言葉が根をおろすと、どういうことがおこるのでしょう。
その前に、言葉が根をおろすってどういうことでしょう。


ここの訳には、「言葉が入っていかない」とか、「中に進んでいかない」とか、「入り口がない」という表現もある!

そして、これは、キリストを殺そうとしている理由を述べているところです。言葉が根をおろしていないから殺そうとする。

キリストの話を聞いたのに、です。いえ聞いたからこそ、でしょう。

2012年9月6日木曜日

教会員の声・・・複数形のこと

スイートピーに小さいカエル
教会員の声「なぜ」のおまけです。

「英語には、なぜ、複数形があるのか」

その答えの一つは、『複数形があるではなく、複数形だけが残ったのだ。』

びっくり。
脳みそひっくり返るここちです。

2012年9月2日日曜日

今日の北上川・・・9/2(日)


秋の空気になりました

前の登米教会の牧師だった小久保先生は、「私は、ほとんど自然に心動かされることはないですが、北上川の景色だけは特別ですよ。」とおっしゃっていました。そして、集中して考えを整理したい時には、この土手まで、散歩に行かれたものです。

2012年9月1日土曜日

教会員の声・・・ズルイ


なぜ、そこがいいの?
少し前から、また変な言葉の使い方が登場しました。
ずるいことをしていない人に向かって「ズルイ」です。

ずるいの本当の意味は